本文へ移動

日本代表がキルギスに快勝! オナイウが6分間でハット達成、後半には佐々木と浅野が決めた

2021年6月15日 21時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―キルギス 後半、チーム5点目のゴールを決めポーズを取る浅野

日本―キルギス 後半、チーム5点目のゴールを決めポーズを取る浅野

 ◇15日 2022年W杯カタール大会アジア2次予選 日本5―1キルギス(パナスタ)
 サッカー日本代表はキルギスに5―1で勝ち、2次予選8試合を全勝とした。
 試合が動いたのは、前半27分。日本は右サイドからのクロスで相手のハンドを誘い、PKを獲得。競り合っていたFWオナイウ阿道(25)=横浜M=が決め、先制した。オナイウは先制後の6分間で2点を追加し、代表初弾からいきなりハットトリックを達成し、前半を折り返した。
 ハーフタイムを挟んだ後も、日本の勢いは止まらない。後半27分には途中出場のDF佐々木翔(31)=広島=が右CKを頭で合わせて4点目を奪うと、同32分には速攻からFW浅野拓磨(26)=無所属=が抜け出して5点目。キルギスの反撃を、PKの1点のみに抑えて快勝した。
 これで2次予選は8試合46得点2失点で全勝。7度目のW杯出場をかけた最終予選へ、勢いをつける勝利を手にした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ