本文へ移動

日本製鉄東海REXは大阪ガスと対戦、プロ注目の浦本投手らが前回王者に挑む【社会人野球日本選手権】

2021年6月15日 18時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ注目の日本製鉄東海REX・浦本千広投手

プロ注目の日本製鉄東海REX・浦本千広投手

 第46回社会人野球日本選手権の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内であり、出場32チームの初戦の対戦相手が決まった。29日から7月4日は、ほっともっとフィールド神戸、予備日を挟んで同9日から14日は京セラドーム大阪で開催される。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催となる。
 東海地区からは予選を勝ち抜いた日本製鉄東海REX、王子、東邦ガスと静岡大会優勝の東海理化、ベーブルース杯争奪大会優勝のトヨタ自動車(以上愛知)、東北大会優勝のヤマハ(静岡)の6チームが出場する。
 2019年の前回大会優勝の大阪ガスと対戦する日本製鉄東海REXは、プロ注目の浦本、松向ら投手層が厚い。日本通運と顔を合わせる王子は予選で4番を打った3年目の吉岡が活躍し、好打者の伊礼、エースの近藤らベテラン勢も健在だ。
 北海道ガスとの“ガス対決”となった東邦ガスは3年目右腕、辻本の出来が鍵を握る。TDKと戦うトヨタ自動車は栗林(現広島)が抜けた穴を、2年目右腕、渕上が埋めつつある。
 カナフレックスと対戦する東海理化は、静岡大会で最高殊勲選手賞と最優秀新人賞をダブル受賞したルーキー右腕、金田が楽しみ。NTT東日本との開幕試合となったヤマハは、再編された三菱重工名古屋から秋利が移籍加入。矢幡、前野、網谷の中軸も強力だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ