本文へ移動

「とにかく感染対策をしっかりやりたい」出羽海親方ら熱田神宮で名古屋場所の安全祈願【大相撲】

2021年6月15日 15時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大相撲名古屋場所の安全祈願参拝を前に、神主からおはらいを受ける出羽海親方(左から2人目)ら関係者

大相撲名古屋場所の安全祈願参拝を前に、神主からおはらいを受ける出羽海親方(左から2人目)ら関係者

 大相撲名古屋場所(7月4日初日、中日新聞社共催)に向け、担当部長の出羽海親方(元幕内小城ノ花)らが15日、名古屋市熱田区の熱田神宮で名古屋場所の安全を祈願した。
 新型コロナウイルス感染防止のため、3人はマスクを着けたまま距離を取って神主からおはらいを受け、その後、玉串をささげた。出羽海親方は「無事に開催できて、無事に千秋楽を迎えることができるように願いました」と話した。
 2年ぶりとなる名古屋場所は、昨年の3月場所(大阪)以来1年4カ月ぶりの地方場所開催となる。現在、愛知県は緊急事態宣言が発令中のため、担当親方たちは感染対策を徹底し、業務をこなしている。出羽海親方は「とにかく感染対策をしっかりやりたい」と口元を引き締め、場所については「横綱、大関で最後まで優勝争いを引っ張ってもらえれば」と期待した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ