本文へ移動

<てんびんの教え 近江商人の言葉> (1)高田善右衛門

2021年6月15日 05時00分 (6月15日 14時50分更新)
「自彊不息」の石碑。揮毫は渋沢栄一=東近江市五個荘中で

「自彊不息」の石碑。揮毫は渋沢栄一=東近江市五個荘中で

  • 「自彊不息」の石碑。揮毫は渋沢栄一=東近江市五個荘中で
  • 高田善右衛門が残した「自彊不息」の言葉=東近江市五個荘竜田町の近江商人博物館で
 「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」の理念で知られる近江商人は、自らの経験を家訓や店則などのさまざまな言葉で後世に残している。国連の「SDGs」(持続可能な開発のための目標)が共感を呼ぶ今、商家で受け継がれてきた「教え」に改めて注目が集まっている。近江商人博物館(東近江市五個荘竜田町)の上平千恵学芸員に、五個荘地区出身の四人の商人が残した言葉を聞いた。 (この連載は斎藤航輝が担当します)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧