本文へ移動

中日・加藤匠馬捕手とロッテ・加藤翔平外野手が交換トレード “加藤同士”…中日は得点力アップを期待

2021年6月15日 13時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・加藤匠馬(左)とロッテ・加藤翔平

中日・加藤匠馬(左)とロッテ・加藤翔平

 中日の加藤匠馬捕手(29)とロッテの加藤翔平外野手(30)のトレードが15日、成立した。近く両球団から発表される。
 交流戦を貯金2で終えたドラゴンズが、リーグ戦再開を前に動いた。開幕からの課題は得点力不足。そこで白羽の矢が立ったのがロッテの加藤だ。春日部東高、上武大を経て2013年にロッテに入団。俊足と巧打が武器のスイッチヒッターで守備力にも定評があり、広いバンテリンドームナゴヤの野球にもフィットする。
 加藤は13日の巨人との交流戦(ZOZOマリン)に「8番・中堅」で先発出場し、3打数無安打だった。今季は20試合、打率2割2分、1本塁打、2打点にとどまるが、イースタン・リーグでは34試合、打率3割6分9厘、4本塁打、18打点と結果を残している。通算491試合1231打数303安打、打率2割4分6厘、14本塁打、83打点だった。
 加藤匠は三重高、青山学院大からドラフト5位で15年に中日入団。球界トップクラスの強肩が売りの7年目。今季は1軍出場はなく、ウエスタン・リーグで37試合、2割3分4厘、0本塁打、3打点。通算126試合、打率2割1分3厘、0本塁打、14打点だった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ