本文へ移動

日本酒1000本 客足戻れ 石川県内 まん延防止解除

2021年6月15日 05時00分 (6月15日 09時47分更新)
みつき庵の横井英徳店長(右)に本醸造酒を贈る金谷崇史さん=13日、石川県白山市中町のみつき庵で

みつき庵の横井英徳店長(右)に本醸造酒を贈る金谷崇史さん=13日、石川県白山市中町のみつき庵で

金谷酒造 飲食店に無償提供

 コロナ禍で遠のいた客足を呼び戻したい飲食店を手助けしようと、石川県白山市安田町の金谷酒造店が白山、野々市、金沢の三市内の飲食店に一升瓶計千本を無償提供する。希望する一店に一本で、飲食店で来店客に無料で味わってもらう。(吉田拓海)
 提供するのは、一八六九(明治二)年創業の老舗であるこの酒造店の定番酒「本醸造酒高砂(たかさご)」。無償提供する飲食店の一覧を自社ウェブサイトで公開し、誘客に協力する。既に一部で提供をしており十五日から本格的に飲食店へ周知する。
 営業責任者の金谷崇史さん(41)が店にも客にも喜んでもらえることをできないかと考え、企画した。県の緊急事態宣言の解除なども踏まえた。金谷さんは「創業から百五十三年の間、地域の飲食店に助けていただき今がある。今度は恩返しする番だと感じた。感染に注意しながら味わってほしい」と話す。
 十三日には、白山市中町の割烹(かっぽう)料理店「みつき庵(あん)」を訪れ、店主の横井英徳さん(43)に高砂を手渡した。横井さんは「いい取り組みだと思う、元気づけられた」と、思わぬ贈り物に喜んだ。申し込みは今月末まで。問い合わせは金谷酒造店=電076(276)1177=へ。 

関連キーワード

PR情報