本文へ移動

山寺宏一、3度目結婚は衝撃の31歳差! お相手は元アイドルの岡田ロビン翔子

2021年6月14日 20時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山寺宏一

山寺宏一

 声優の山寺宏一(59)が14日、自身のツイッターで再々婚を発表した。お相手は2018年に解散した女性アイドルグループ「チャオ ベッラ チンクェッティ」(旧名・THE ポッシボー)のリーダーを務めたタレントの岡田ロビン翔子(28)。31歳差の衝撃婚となる。
 山寺が「バズーカ山寺」として20年3月まで27年間パーソナリティーを務めていたbayfmのラジオ番組「The BAY☆LINE」(月~金曜午後4時)で2人は共演しており、交際に発展した。
 山寺はツイッターで「私事で大変恐縮ですが、この度、岡田ロビン翔子さんと入籍しました事を報告させて頂きます。共演していたラジオ番組を卒業した事で、彼女の存在の大切さの気付きお付き合いが始まりました」と報告した上で「自分の年齢等を考えても、結婚を決意してくれた彼女には感謝の気持ちしかありません」と記した。
 そして「ツッコミどころ満載の二人かもしれませんが、このような時代に一緒に生きていくことを決めた我々を、どうか温かい目で見守っていただけたら幸いです」と呼びかけた。
 一方、岡田も自身のツイッターで山寺との結婚を報告。「共演していたラジオ番組を山寺さんが卒業したあと『お仕事のこと』『人生で大切にしていること』『幸せの瞬間』 いろんなお話をしていく中、真面目で誠実な姿に惹かれ、びっくりするくらい繊細な彼を支えていきたいという思いが芽生えました。世代も、育ってきた環境も全く違う二人ですが、この時代を共に生きていくことを決めました」と報告。「これからも感謝の気持ちを忘れずに、小さな幸せを重ね、笑顔の溢れる家庭を作っていこうと思います」と決意表明した。
 1997年10月、テレビ東京系の子供向けバラエティー番組「おはスタ」のメイン司会者に起用されてブレークした山寺は、93年に声優のかないみかと結婚したが06年に離婚。12年に声優の田中理恵と再婚し、18年に離婚していた。 岡田は父親が米国人、母親が日本人のハーフ。1歳から7歳までロサンゼルスで過ごし、2004年に「ハロプロエッグ」(研修生)のオーディションに合格。06年10月にTHE ポッシボーに加入した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ