本文へ移動

全米女子オープン制覇の笹生優花 憧れの宮里藍さんからの激励に「プロゴルファーへの夢を抱かせてくれた1人。うれしい」【一問一答】

2021年6月14日 18時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
土台の歴代覇者ネーム彫刻部分のない全米女子オープン優勝カップを見せる笹生優花=14日、本人提供

土台の歴代覇者ネーム彫刻部分のない全米女子オープン優勝カップを見せる笹生優花=14日、本人提供

 女子世界最高峰タイトルとされる全米女子オープンを制した笹生優花(19)=ICTSI=が14日、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の要請を受けリモート会見を行った。次戦は来週のKPMG全米女子プロ選手権(24~27日、米ジョージア州アトランタアスレチックC)。現在はロサンゼルスで“メジャータイトル2連勝へ向け練習中だという。笹生との主なやりとりは次の通り。
   ◇   ◇
 -メジャー優勝から1週間。いかがお過ごしですか?
 「いろいろ取材など、以前にはなかったことがたくさんあったので忙しかった。けど、もう次の試合が近づいているので練習している最中です。リラックスもできました。寝てました(笑)」
 -20日は20歳のお誕生日ですね?
 「まだハタチになりたくない気持ちもあって…。まだ19歳を締めたくないです。ハタチになったら時間が早く過ぎるって聞いてるので、それがちょっとイヤだなって感じです。でも自分の人生楽しく過ごしていると思うので、10代に悔いはないです」
 -全米女子オープン優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)の使い道は?
 「ためたいです。今欲しいものないですし…。将来家を建てたりとか、そういうことに使いたい」
 -前週の日本ツアー会場で(元世界ランキング1位でもある)宮里藍さんが賛辞と激励を贈られていました
 「藍さんは私がゴルフを始めたきっかけでもあるし、プロゴルファーへの夢を抱かせてくれた1人。うれしいです。でも自分は自分の時間で(世界一まで)急いでもいないので、マイペースで行きたいと思います」
 -今後のスケジュールについては?
 「全米女子プロが終わったら日本に戻る予定でいたんですけど、コロナの感染状況、隔離期間などの様子を見ながら決めていく感じですね。フィリピンにも帰りたいけど、シーズンが終わってからになりそう。LPGA(米ツアー)のスケジュールにもまだアジャストできてないので」
 -米ツアーでの拠点やキャディーなど、決めていることはありますか?
 「キャディーについてはまだ何も。家はトップ選手がみんなフロリダに住んでいるので、その辺がいいのかなとも思うけど…家族とも話して、いろいろ少しずつ決めていきたいと思ってます」
 -次戦・全米女子プロ選手権への意気込みを
 「まず楽しんでゴルフができること、勉強、経験もいっぱいしたい。自分の納得できるゴルフをしたいなと思います」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ