本文へ移動

東邦・知崎滉平、センバツ優勝の東海大相模相手に7回途中まで7奪三振無失点「スイングにびびったけど自信に」【愛知県高野連招待試合】

2021年6月13日 18時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
好投した東邦の知崎滉平投手

好投した東邦の知崎滉平投手

◇13日 愛知県高野連招待試合 東邦0―0東海大相模(岡崎市民)
 愛知県勢4戦全敗を阻止した東邦はエース左腕・知崎滉平投手(3年)が先発で6イニング3分の1を投げ、被安打3、7奪三振。打球を左足に受けて途中降板したが、センバツ優勝校を無失点に抑えた。「スイングがすごくてびびったけど自信になった」。直球は自己最速タイの143キロを計測。スライダー、チェンジアップも低めに決まった。球威、切れともに増し、夏に向けて仕上がりは順調。「気を抜ける相手はない。投げる試合は全て抑えて、甲子園に行きたい」と来月開幕の愛知大会を見据えた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ