本文へ移動

中日の慶大OB2人が34年ぶりV喜ぶ…福谷浩司「後輩の頑張りに刺激」郡司裕也「僕もドラゴンズを優勝へ導く選手に」

2021年6月13日 16時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
全日本大学野球選手権で34年ぶりの優勝を決め、喜ぶ慶大ナイン

全日本大学野球選手権で34年ぶりの優勝を決め、喜ぶ慶大ナイン

◇13日 全日本大学野球選手権決勝 慶大13―2福井工大(神宮)
 慶大出身の中日・福谷浩司投手(30)と郡司裕也捕手(23)が、13日、球団を通じてコメントを発表し、全日本大学野球選手権決勝(神宮球場)で34年ぶり優勝を飾った慶大の後輩たちを祝福した。
 2011年大会で準優勝するなど、自身も出場経験のある福谷は「優勝おめでとうございます。いつも後輩の頑張りに刺激をもらっています。僕も学生にいい刺激を与えられるように頑張ります」と喜んだ。
 プロ2年目の郡司は、現チームで主力となった3、4年生らと一緒に汗を流してきた。「一緒にプレーした後輩たちやサポートをしてくれていた後輩たちの活躍を見られて、非常にうれしい気持ちです。全員で勝利に向かってひたむきに、そして野球を心から楽しむ学生野球らしい姿を見て心を打たれました。日本一、おめでとうございます!僕もドラゴンズを優勝へ導ける選手になれるように頑張ります」と刺激を受けていた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ