本文へ移動

『あんたから剛力彩芽は産まれんだろ!』劇中で本物の親子と見まがうような名演技 高畑淳子に家族が”お褒めの言葉”

2021年6月13日 15時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「お終活 熟春! 人生、百年時代の過ごし方」舞台あいさつに登場した(左から)松下由樹、剛力彩芽、水野勝、高畑淳子、清水理子

映画「お終活 熟春! 人生、百年時代の過ごし方」舞台あいさつに登場した(左から)松下由樹、剛力彩芽、水野勝、高畑淳子、清水理子

 東海地方出身の男性9人組グループ「BOYS AND MEN」の水野勝(30)が主演した映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」の大ヒット御礼舞台あいさつが13日、東京・新宿ピカデリーで行われ、水野や共演の剛力彩芽(28)、高畑淳子(66)らが登壇した。
 映画は葬儀社に勤める主人公の青年(水野)と終活に取り組み始めた熟年夫婦のやりとりをコミカルに描いた。5月の公開後、コロナ禍のため東京でやっと実施されたイベントに水野は「メチャメチャうれしい! すごくいい反響も届いてきて感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔を見せた。
 熟年の青春「熟春」には遠い水野だが、自らの青春を「5歳からサッカーをやっていましたが、高校3年の時にちょっとグレちゃって、レギュラーを外された。その時に悔しいという感情になって挫折しました。サッカーで失敗した分、この仕事は怠けることなくやりたい」と振り返った。
 橋爪功(79)と高畑が演じる熟年夫婦の娘を演じた剛力は「今も青春をすごしている感覚です。熟春にたどり着くまで青春したい」。剛力とともに本物の親子と見まがうような名演技を劇中で披露した高畑は「実家では『あんたから剛力彩芽は産まれんだろ!』って言われました」と明かして笑わせた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ