本文へ移動

【巨人】菅野智之が今季最短の2イニング3分の2でKO…4失点も今季ワースト

2021年6月13日 15時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回途中で降板し、ベンチで右手を見つめる巨人・菅野

3回途中で降板し、ベンチで右手を見つめる巨人・菅野

◇13日 ロッテ―巨人(ZOZOマリン)
 巨人・菅野智之投手(32)が2イニング3分の2を4失点で今季最短のKOとなった。
 立ち上がりから苦しいピッチング。初回は1死から連続四球を出した後、角中に左中間二塁打、レアード中犠飛でいきなり2点を失った。2回は3者凡退に抑えたが、3回、先頭の荻野貴に左越えソロを被弾し、さらに1死二、三塁からレアードに2打席連続の中犠飛を打たれ、ここで原監督がベンチを出て交代となった。4失点も今季ワーストだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ