本文へ移動

アロマの術、ラベンダー列車 伊賀鉄道、7月4日まで運行

2021年6月13日 05時00分 (6月13日 10時25分更新)
ラベンダーをイメージした飾りやランタンで彩られた車内=伊賀市上野丸之内で

ラベンダーをイメージした飾りやランタンで彩られた車内=伊賀市上野丸之内で

 伊賀市の伊賀鉄道は十二日、車内をラベンダーの香りで包む「アロマ&フラワートレイン」の運行を始めた。市内の観光施設「メナード青山リゾート」と協力し、青とピンクの忍者列車の中を飾り付けた。「コロナ禍や梅雨の気分をリフレッシュして」と呼び掛けている。七月四日まで。
 二両編成のうち、伊賀上野寄りの一両に色とりどりの造花を配した。ラベンダーをイメージして、ストローを加工して作った二百本の飾りのほか、爽やかな香りを染み込ませたビーズ入りのランタン十個をつり下げ、癒やしの空間を演出している。ラベンダーが咲く今の時期に合わせ、毎年企画している。施設のハーブガーデンでは一万三千五百平方メートルに濃紫やオカムラサキといった品種が三万株植えられており、一週間ほど前から色づき始めた。今月下旬に見頃を迎えるといい、運行期間中は摘み取り体験なども楽しめる。
 運行時刻は乗車前日の午後五時以降に上野市駅で確認できる。(問)上野市駅=0595(21)3231、メナード青山リゾート予約センター=0595(54)1326 (河野晴気)
PR情報