本文へ移動

【FC東京】ルヴァン杯湘南戦2点以上取って勝利が必須 長谷川監督「厳しい状況を乗り越えられるチームが最後に栄冠」

2021年6月12日 20時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
逆転勝利でのプレーオフ突破に向けて意気込みを語った長谷川監督=小平グラウンドで(FC東京提供)

逆転勝利でのプレーオフ突破に向けて意気込みを語った長谷川監督=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京は13日、ルヴァン・カッププレーオフ第2戦(レモンS)で湘南と対戦する。第1戦を0―1で落とした前回覇者のFC東京・長谷川健太監督(55)が12日、オンライン取材に応じ、逆転での突破へ意気込みを語った。
 アウェーでの第2戦では2点以上取っての勝利が突破の条件となる。長谷川監督は「タイトルを取るチームは、こういう試練というか、厳しい状況を自分たちの力で乗り越えられる。そういうチームが最後に栄冠を勝ち取ると思う」と、力を込めた。
 9日の天皇杯2回戦では、清水東高時代の同期だった堀池監督率いる順大に逆転負けを喫した。長谷川監督は「私自身も一番負けたくない同級生に負けて悔しい。ただ、負けたことは取り返せない。選手には切り替えようと話した」と前だけを向く。連覇の懸かった今大会。今こそ、青赤の反骨心が試されている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ