本文へ移動

OA枠の遠藤 合流初ゴール、守備でも完封勝利に貢献【U―24日本代表】

2021年6月12日 19時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―ジャマイカ 前半、ゴールを決める遠藤航

日本―ジャマイカ 前半、ゴールを決める遠藤航

◇12日 国際親善試合 U―24日本代表4―0ジャマイカ代表(豊田スタジアム)
 背番号6が、段違いの存在感を放った。OA枠の遠藤航(28)=シュツットガルト=だ。前半42分、「意外と得意」という弧を描いたシュートでゴール右隅を射抜き、左拳を掲げた。東京五輪世代のチームに合流後初となる得点を挙げただけでなく、守備でも完封勝利に貢献。攻守でチームの中心となり続けた。
 試合後、現時点でのチームの完成度を聞かれると、「まだミスは多いし、もう少し攻撃のカタチをつくれた。相手が落ちた中で自分たちも足を止めた場面もあった。そこは最後までやりきらないと。まだまだ改善できる」と、口にした。
 久保建が「助っ人外国人みたい」と呼ぶOA枠の3選手は高い意識と経験を、この若いチームに持ち込み、悲願のメダル獲得への水先案内人となれることを証明してみせた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ