本文へ移動

今秋ドラフト候補の東海大相模・石田1イニング2奪三振の貫禄【愛知県高野連招待試合】

2021年6月12日 17時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東海大相模・石田

東海大相模・石田

◇12日 愛知県高野連招待試合 東海大相模5―2至学館(刈谷)
 愛知県高野連の招待試合が12日、刈谷市の刈谷球場であり、今春センバツ優勝校の東海大相模(神奈川)が、昨秋愛知県大会4強の至学館と中部大春日丘に連勝した。東海大相模の今秋ドラフト候補左腕、石田隼都投手(3年)は至学館戦でリリーフ登板し、1イニング2奪三振と貫禄を見せつけた。
 1イニングのみでも存在感は抜群だ。東海大相模の最速146キロ左腕、石田が至学館戦の9回に満を持して登板。速い投球テンポで低めを突き、無安打2奪三振と圧倒した。
 「真っすぐは腕を振れたし、変化球も低めに集まっていた」。最初の打者の1番・横道大輝を一度もバットを振らせずに3球三振で立ち上がると、続く佐藤壮太も3球で追い込んで左飛。最後の打者となった八神龍生も4球で空振り三振に仕留めた。直球は136キロ止まりだったが、「悪くはなかった」と納得の表情を見せた。
 優勝したセンバツは全5試合に登板し、2完封。圧巻の内容で10年ぶり優勝に貢献した。センバツ後は投手陣の底上げの狙いもあり、春の県大会は初戦で投げたのみ。自身は「カウント球のストライクや、ボールに逃げる球の区別を詰めてきた」と課題を持って、練習や実戦を重ねてきた。
 13日は中京大中京戦で投げることになれば、右ひじ痛から実戦復帰している最速151キロ右腕・畔柳亨丞との投げ合いが実現する可能性もある。「近くで見てみたいし、負けたくない。強気で攻めたい」。「会ったことも、話したこともない」という豪腕との対戦を心待ちにした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ