本文へ移動

<土曜訪問> 前田耕作さん(東京芸術大学客員教授)

2021年6月12日 16時00分 (6月12日 16時00分更新)
前田耕作さん

前田耕作さん

 二〇〇一年三月、アフガニスタンの仏教遺跡バーミヤンの大仏二体が、イスラム教原理主義のタリバンによって爆破され、消失した。「破壊が想定をはるかに超えていた。爆破があれほど徹底的とは。大仏の形が全く残っていなかった」。東京芸術大客員教授の前田耕作さん(88)は〇三年、現地入りして惨状を目の当たりにし、怒りに震えた。各国が参加する修復プロジェクトの中心にいたこの二十年間、深く傷ついた遺跡の価値を世界に伝える使命感に突き動かされてきた。
 首都カブールから北西に百二十キロ。中央アジアの砂漠のオアシスとして古くから栄えたバーミヤン。東西約一キロの崖に彫り込まれた高さ三十八メートルの東大仏と、五十五メートルの西大仏はその象徴だった。
 アジア文化史の研究者として、これまで何度も対面してきた二体はがれきになっていた。遺跡の保存修復のため、日本と国連教育科学文化機関(ユネスコ)が組んだ合同調査団のメンバーとして詳しく調べると、仏堂や石窟などに描かれた、世界に誇るべき仏教壁画も80%が失われていた。
 バーミヤンの地を初めて踏んだのは一九六四年。アフガンの仏教遺跡を調べるため名古屋大学が編成した調査隊に加わ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

文化の新着

記事一覧