本文へ移動

高校総体 無観客で 知事表明 県内開催の13競技 総合開会式可否 感染状況見極め

2021年6月12日 05時00分 (6月12日 11時43分更新)
 福井県をメイン会場に開かれる今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)について県は十一日、県内開催の十三競技十四種目を無観客で行うと発表した。八月十三日にサンドーム福井で開かれる総合開会式や各競技の実施の可否は、新型コロナウイルスの感染状況によって判断する。 (長谷川寛之)
 杉本達治知事が定例会見で明らかにした。無観客開催は、全国高校体育連盟(全国高体連)の「無観客での実施を原則とする」との通知に基づき決めた。陸上など一部の競技では補欠選手やマネジャーら登録外部員の入場を認め、観客席は入場制限した上で選手や登録外部員が利用する。また大会本部などの管理エリアも入場制限する。
 杉本知事は「選手が安全に競技に集中する環境を整えるため」と説明。全国高体連が運用するウェブのライブ配信「インハイTV」でのリモート観戦を呼び掛けた。
 総合開会式や各競技の開催判断も全国高体連のコロナ対策基本方針に準じた。県内が緊急事態措置などとなった場合や、出場校や選手の辞退が増加した場合は中止とする。

関連キーワード

PR情報