本文へ移動

【岐阜】64歳以下の基礎疾患ある人から接種券発送 瑞浪市が21日に開始

2021年6月12日 05時00分 (6月12日 11時23分更新)
 瑞浪市は十一日、新型コロナウイルスワクチンの六十四歳以下の接種券発送スケジュールを発表した。重症化リスクの高い基礎疾患のある人への発送は二十一日に始める。基礎疾患のない人は七月中旬の予定。
 市新型コロナウイルスワクチン接種対策室によると、基礎疾患があり、接種を希望する人は接種券の先行取得の申し込みが必要。十五日から先行取得の専用ウェブサイトで申し込み受け付けを開始する。専用サイトは市のウェブサイトからアクセスできる。二十一日からはコールセンター、七月一日から予約専用サイトで接種予約を開始する。早ければ七月中旬に接種を開始できる見込みで、担当者は「事前に主治医に接種の可否を相談してほしい」と呼び掛ける。
 基礎疾患のない市民への接種券発送と予約は七月中旬に開始予定。接種券は、一週間の接種者が約二千五百人となるよう調整しながら年齢の高い人から順番に発送する。
 職場や大学などで職域接種を受けるため先に接種券が必要な人は、先行取得の専用サイトで申し込む。受け付け開始は二十一日。接種対象は現時点では十六歳以上の約二万人を見込むが、今後、対象年齢は拡大する方針。コールセンターは平日午前九時〜午後五...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

岐阜の新着

記事一覧