本文へ移動

<渥美半島点描> (5)アカウミガメ保護

2021年6月12日 05時00分 (6月12日 11時56分更新)
アカウミガメが産卵した痕跡を説明する大場さん=田原市赤羽根町で

アカウミガメが産卵した痕跡を説明する大場さん=田原市赤羽根町で

  • アカウミガメが産卵した痕跡を説明する大場さん=田原市赤羽根町で
  • あかばね塾メンバーが以前に撮影したアカウミガメ。今年も多くの個体の上陸が期待されている=田原市赤羽根町で(あかばね塾提供)
 サーファーや釣り人が集まり、朝日で赤く染まった田原市の太平洋ロングビーチ。点々と続く足跡の先にアカウミガメの産卵した穴を見つけた。市民団体「あかばね塾」代表の大場可(よし)さん(61)=同市赤羽根町=は「卵は安全な場所に移していますよ」と言い、小高い砂丘にある赤いくいを指さした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧