本文へ移動

黒人暴行死撮影の少女に特別賞 ピュリツァー賞、NYタイムズも

2021年6月12日 11時02分 (6月12日 11時16分更新)
 ジョージ・フロイドさんが逮捕される様子をスマートフォンで撮影するダルネラ・フレーザーさん(右から3人目)。警察官が装着したビデオカメラが捉えていた=2020年5月25日、米中西部ミネソタ州(ミネアポリス市警提供、ロイター=共同)

 ジョージ・フロイドさんが逮捕される様子をスマートフォンで撮影するダルネラ・フレーザーさん(右から3人目)。警察官が装着したビデオカメラが捉えていた=2020年5月25日、米中西部ミネソタ州(ミネアポリス市警提供、ロイター=共同)

  •  ジョージ・フロイドさんが逮捕される様子をスマートフォンで撮影するダルネラ・フレーザーさん(右から3人目)。警察官が装着したビデオカメラが捉えていた=2020年5月25日、米中西部ミネソタ州(ミネアポリス市警提供、ロイター=共同)
  •  米新聞大手ニューヨーク・タイムズ本社=2020年11月、ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】米コロンビア大は11日、優れた報道をたたえるピュリツァー賞を発表した。昨年5月に米中西部ミネソタ州で起きた黒人男性ジョージ・フロイドさん暴行死事件をスマートフォンで動画撮影した少女ダルネラ・フレーザーさん(18)を特別賞に選出した。動画は黒人差別に抗議する幅広い運動の契機となった。
 最高の栄誉とされる公益部門には、新型コロナウイルス感染拡大を巡る人種・経済格差などを報じたニューヨーク・タイムズ紙を選んだ。各賞には、フロイドさんの事件と新型コロナに関する報道が並んだ。

関連キーワード

PR情報