本文へ移動

入居条件でトラブルか 名古屋2人殺傷、被害者の身元判明

2021年6月12日 05時00分 (6月12日 05時01分更新)
名古屋・中村署を出る肥田昭吉容疑者=11日午前

名古屋・中村署を出る肥田昭吉容疑者=11日午前

 名古屋市中村区椿町のアパートで九日深夜、住人の男性二人が殺傷された事件で、中村署は十一日、死亡した男性はこのアパートに住む職業不詳、道端光宏さん(57)と発表した。殺人容疑で逮捕された無職肥田昭吉容疑者(54)が道端さんの紹介でアパートに入居していたことも捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、入居した肥田容疑者は「話が違う」という趣旨の供述をしており、署は入居時の条件を巡って二人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。
 市によると、このアパートは、生活困難者向けの宿泊施設として利用されている。関係者によると、肥田容疑者は数週間前に入居したとみられる。肥田容疑者は工具で道端さんの頭を殴って殺害し、別の住人二人にも暴行した疑いがあり、うち一人が頭などにけがを負った。事件当時、肥田容疑者は酒に酔っていたという。
 署によると、道端さんの死因は頭を殴られたことによる外傷性脳機能障害。署は十一日、肥田容疑者を送検した。

関連キーワード

PR情報