本文へ移動

花の35期生・亀田温心、重賞初制覇を遂げた勝負師の思い【競馬の話をしよう】

2021年6月12日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北海道シリーズでの活躍を誓う亀田温心

北海道シリーズでの活躍を誓う亀田温心

 競馬の世界を掘り下げる新企画「競馬の話をしよう。」がスタートする。第1回は“花の35期生”の一人として注目を集める亀田温心騎手(20)=栗東・北出=を直撃した。競馬界に新風を吹き込んでいる35期生にあって、亀田はほんわかとしたキャラクター。自他ともに認めるマイペースの亀田に、騎手になったきっかけから同期への思い、先月の葵Sで重賞初Vを飾るなど秘めたる勝負師としての思いを聞いた。(聞き手・関俊彦)
 ―重賞初制覇おめでとうございます。改めて実感は
 亀田「ありがとうございます。勝った直後はなかったですが、調教に乗っていたらたくさんの人から『おめでとう』と言ってもらえて少しずつ湧いてきました。今年は同期がポンポンって重賞を勝っていたので『自分もいつかは』とは考えてましたが、正直、3年目で重賞を勝てるとは全然考えてなかったです。レース後に知ったのですが、両親が(中京競馬場まで)見に来ていたそうで、父から『確定まで震えてたわ』と言われました。普段は土日も仕事をしている父が、今回は休みをとって来てくれたので、良いタイミングで勝てたなと思います」
 ―重賞Vは騎手として大きな一歩だったと思いますが、そもそも騎手を目指したきっかけは
 「実家が京都競馬場の近くで、小学校低学年ぐらいの時に初めて競馬を見ました。そこから小学5年生の時に京都競馬場の少年団(淀乗馬スポーツ少年団)に入ったんですが、最初は騎手を目指していたわけではなくて、習い事の一つという感じでした。水泳とかもやっていたんですが、運動神経が悪かったので嫌々で…。でも乗馬だけは楽しかったのでちゃんと続いて、中学生になったぐらいで騎手になりたいと思いました」
 ―競馬学校の同期である35期生はデビュー1年目から活躍が光った。亀田から見た同期のメンバーは
 「(団野)大成は真面目でめちゃくちゃ研究熱心ですし、(岩田)望来(みらい)はセンス抜群で乗るのがすごい上手。(斎藤)新(あらた)は重賞勝ちが一番乗りですし、何か持ってますよね。みんな個性が強いけど、競馬学校時代からずっと仲は良いですね。今はあまり行けませんが、みんなでどこかに出掛けることも多いです」
 ―亀田自身も落ち着いた雰囲気が印象的
 「いろんな人に年齢の割に落ち着いているってよく言われます。でも基本的にぼーっとしてるだけなんです(笑)。勝負の世界なのでそれじゃあかんと言う人もいますが、もちろん馬に乗れば気持ちは入ります」
 ―「花の35期生」や「新・黄金世代」などと呼ばれ、注目を集めている
 「みんなについていくのが大変ですよ(笑)。僕が1勝してる間にみんな2勝しちゃうんで…。でも、みんなタイプが違うのに結果を出しているところがすごいですよね」
 ―亀田も昨年は40勝し、G1にも初騎乗。今年も5月末時点で昨年(14勝)を上回る16勝を挙げるなど飛躍を遂げている
 「デビューから極端に変わった部分はないですが、今でも馬に乗ることは楽しいですね。レースでは(北出)先生から言われているように、基本的には前に行くことをずっと心掛けています。最近では体の可動域を広げるため、ピラティスのようなトレーニングを取り入れました」
 ―騎手の楽しさとは
 「馬は毎日体調も違うので、同じことをしても同じように乗れません。毎日考えて乗らないといけないので頭も体も使いますが、日々変化を感じられるのが本当に楽しいです。好きなことを仕事にできているのは良いなと思っています」
 ―今年も北海道シリーズに参戦する。意気込みは
 「去年は開幕レースを勝てて勢いに乗れましたが、今年は北海道に減量騎手も多く、去年より苦労すると思うので頑張りたいです。最終的には今年も40勝して、フェアプレー賞をとるのが目標です。あと、今回は重賞を勝てましたが、グレード競走ではなかったこと(新設重賞の葵Sは格付け前のため表記は重賞)をいろんな人にいじられるので、次は“G”のつくレースを勝ちたいです」
 ▼亀田温心(かめだ・はーと)2001(平成13)年2月4日生まれ、京都市出身の20歳。19年2月、競馬学校騎手課程を卒業し、栗東・北出成人厩舎からデビュー。初騎乗は同年3月2日の阪神1R(ハハハ11着)で、デビュー3週目の3月17日、中京7Rを自厩舎のグランドガールで制し、通算15戦目で初勝利を飾った。20年のチャンピオンズCでG1初騎乗(ヨシオ16着)。21年5月29日の葵S(重賞)を13番人気のレイハリアで制して重賞初制覇。名前の由来は「温かい心を持った人になってほしい」との思いが込められている。尊敬する騎手は幸英明。最近の趣味はゴルフだが、なかなか上達しないのが悩み。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ