本文へ移動

鳥羽出身の山田選手「楽しんでプレー」 五輪フェンシング男子エペ出場 

2021年6月12日 05時00分 (6月12日 05時00分更新)
五輪での健闘を誓い、ガッツポーズする山田選手=鳥羽市役所で

五輪での健闘を誓い、ガッツポーズする山田選手=鳥羽市役所で

 東京五輪のフェンシング男子エペに出場する鳥羽市出身の山田優選手(26)=自衛隊体育学校=が十一日、同市役所を訪れ、中村欣一郎市長に、「自分らしく、楽しんでプレーしたい」と意欲を語った。
 男子エペの日本代表選手は、同日から十六日までの予定で市内で合宿(非公開)している。山田選手は同市初の五輪選手で、この日は陸上自衛隊の夏用の制服姿で登場。市役所前では市職員らが横断幕を持ち、拍手で出迎えた。
 山田選手は「自分らしくプレーすることで結果がついてくると思っている」と健闘を誓った。その上で「僕が楽しんでやっている姿を、市民の皆さんも一緒に楽しんで。応援よろしくお願いします」と市民へ呼び掛けた。
 中村市長は「精いっぱい楽しんで、いい記録を持ち帰って来てほしい」とエールを送った。(北浜修)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報