本文へ移動

【浜中俊コラム】マーメイドSではアブレイズに騎乗 栗東坂路で初めて乗ったら驚異的な時計だった

2021年6月12日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜中俊騎手

浜中俊騎手

 6週間続いた中京開催が今週で終了します。来週からは阪神に移りますが、開幕週のマーメイドSでは、メイSを勝った池江厩舎のアブレイズに騎乗することになりました。今週、栗東坂路で初めて乗りましたが、4F49秒2という驚異的な時計。ボク自身、50秒を切ったのは久々でしたし、相当高いスピード能力がありますね。池江厩舎の牝馬で重賞に騎乗するのはミッキークイーン以来。ハンデ戦で毎年波乱になるレースですが、重賞を一度(フラワーC)を勝っている馬ですし、いい結果を出せるよう頑張ります。
 土曜は中京で騎乗します。4Rのシーニックウェイは調教にまたがりましたが、乗りやすい馬でした。スタートがあまり上手ではないようですが、うまく流れに乗れるようならチャンスがありそう。5Rのヤマタカフェイスは時計は出ていますが、まだワンペースな感じなので、前に行ってどれだけ粘れるかになりそう。
 7Rのメイショウモルサはテン乗りですが、前走が惜しい2着ですし期待しています。10Rのイメルは1400メートルはもともと走っていた距離なので問題ないはず。前回みたいな競馬ができれば、今回も上位争いできると思います。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ