本文へ移動

【日本ハム】秋吉 今季初登板1回ピシャリに栗山監督「ずっと待っていた」と合格点

2021年6月11日 22時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・秋吉

日本ハム・秋吉

◇11日 日本ハム0―4DeNA(札幌ドーム)
 この日に出場選手登録された日本ハム・秋吉亮投手(32)が7回に3番手として今季初登板。1イニング無安打無失点の好投を見せて、完敗の中での光明となった。
 4点ビハインドの展開で札幌ドームのマウンドに登った秋吉は先頭の伊藤光を二飛に抑えて波に乗ると、続く佐野を二ゴロに。1回に先制の13号2ランを放ったオースティンに対しては右横手からの直球とスライダーで揺さぶった後、スライダーで空振り三振を奪い、今季初登板を上々の内容で締めくくった。
 この投球を見た栗山英樹監督(60)は「ボールを含めて、状態が上がってくるのをずっと待っていた」と合格点の評価。「しっかりこれからやってくれると思います」と語り、8回に1イニング無失点の投球を見せた左腕の公文とともにリリーフ陣を救う存在になることを期待した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ