本文へ移動

「松本ぼんぼん」今年も中止

2021年6月12日 05時00分 (6月12日 05時00分更新)
 松本市の夏の風物詩として知られる祭り「松本ぼんぼん」の実行委は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、八月七日に予定していた今年の祭りの中止を決めた。中止は二年連続。
 事務局の松本商工会議所によると、十日に開いた会合では、踊り手の人数を制限し、時間を短縮して開催する案も提示された。しかし観光客や一般の見物客を制限することが困難な状況などを考慮して判断した。
 松本ぼんぼんは職場や学校などグループごとに、市街地を踊りながら練り歩く夏祭りで、一九七五(昭和五十)年に始まった。二〇一九年は踊り手一万九千五百人を含め、約十七万五千人が来場した。
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧