本文へ移動

菅原由勢「めちゃめちゃ燃えている」 豊スタでの国際親善試合で成長見せる!!【サッカーU-24日本代表】

2021年6月11日 20時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャマイカ戦に向け最終調整する菅原

ジャマイカ戦に向け最終調整する菅原

 サッカー男子の東京五輪世代、U―24日本代表は12日、愛知・豊田スタジアムでジャマイカのA代表との国際親善試合に臨む。11日、オンライン取材に応じたDF菅原由勢(ゆきなり、20)=AZアルクマール=は、2019年まで在籍したJ1名古屋の本拠地での凱旋(がいせん)試合に向け「めちゃめちゃ燃えている」と意気込んだ。
 名古屋のホームスタジアムでプレーするのは同年6月以来2年ぶり。コロナ禍の中、今回の活動中で唯一の有観客試合でもあり「自分の成長を見せたいと強く思っていた」とこの一戦に懸ける思いを語った。
 U―24代表には、あこがれのDF吉田(サンプドリア)もいる。菅原はかつて豊田スの観客席からA代表で活躍する吉田の姿を見た経験がある。同じ名古屋のアカデミー出身でもあり「全てにおいてお手本」と慕う先輩とは最終ラインを組む可能性もある。
 同じサイドバックにはオーバーエージ(25歳以上)選手枠候補のDF酒井(浦和)がおり、代表入りを懸けたサバイバルは熾烈(しれつ)。「アシストやゴールに結び付く結果を残す。DFでもあるので、無失点とか数字はまず大事になる」。万感の思いを込めながら、日の丸を背負った菅原がラストアピールに打って出る。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ