本文へ移動

脱走ヘビ イズー園長が横浜騒動振り返る 

2021年6月11日 05時00分 (6月11日 05時01分更新)
アミメニシキヘビを捕獲した白輪剛史園長=横浜市戸塚区で(白輪園長提供)

アミメニシキヘビを捕獲した白輪剛史園長=横浜市戸塚区で(白輪園長提供)

  • アミメニシキヘビを捕獲した白輪剛史園長=横浜市戸塚区で(白輪園長提供)
  • 屋根裏に潜んでいたアミメニシキヘビ=横浜市戸塚区で(白輪園長提供)
 逃げ出した体長三メートル超のアミメニシキヘビ発見に貢献した体感型動物園「iZoo(イズー)」(河津町)の白輪(しらわ)剛史園長(52)が本紙の取材に応じ、騒動の中で感じた住宅での捜索の難しさや、専門家と警察などの連携不足といった課題を振り返った。 (山中正義)
 ヘビの「脱走」は五月六日夜に発覚。白輪園長は翌七日、飼い主の男性から助けを求める連絡を受けた。男性と面識はなかった。
 脱走がテレビや新聞で繰り返し報じられる中、白輪園長が気掛かりだったのは必要以上にニシキヘビ全般の危険性があおられつつあったこと。ただでさえ良くないヘビのイメージがさらに悪化するのが嫌で「解決しないと」と、二十二日に発見されるまで無償で何度も現場に足を運んだ。
 飼われていた部屋のベランダの網戸が少し開いていたことから、当初は外へ脱走したとみられ、警察などが周辺を捜索した。白輪園長は「外は寒いから家にいるか、外に出たとしても遠くには行っていないはずだ」と直感した。
 アミメニシキヘビはインドから東南アジアにかけ生息。イズーでは室温を二八度に保って飼育しており、これを下回ると体調を崩すという。七日の最高気温は二〇度に満たず、その後もヘビには寒い日が続いた。
 「建物内での潜伏」という白輪園長の見立ては強まった。脱走の目撃者はなく、逃げ道とみられていたベランダの手すりもほこりをかぶったまま。警察犬が見つけることもなかった。
 住宅での捜索は思うように進まなかった。屋根や壁を調べるにも、隣人らの許可が必要で時間がかかった。自ら交渉し、捜索で壁などを壊した場合は自費で修繕すると約束した。警察が捜索を打ち切った翌日の二十二日。屋根裏で、鉄骨に絡まるヘビを見つけた。
 白輪園長は「警察や消防が外を捜索してくれたからこそ外にはいないと確信できた」と感謝。ただ専門家として意見を求められることはなかった。アパート近くの雑木林を捜索しようとして断られたこともあったといい、「もう少し連携が取れれば。それぞれ知見があると思う」と話す。
 被害者を出さずに幕を閉じた騒動。白輪園長は改めて動物の飼育者に「絶対に逃げ出さないように飼育するのが責任」と注意を促した。

◆元飼い主を書類送検 ケージ、無許可変更疑い

 横浜市戸塚区のアパートでケージから一時逃げ出したアミメニシキヘビを巡り、神奈川県警戸塚署は十日、市に無許可でヘビの飼育施設を変更したとして、動物愛護法違反の疑いで、元飼い主の男性(24)=同市港南区=を書類送検した。
 ヘビは動物愛護法で飼育に許可が必要な「特定動物」。署によると、男性は市の許可を得て、二〇一八年十一月から逃げたヘビを水槽で飼い始めたが、途中でケージに変更した。「ヘビが大きくなってきてケージにしたが、仕事が忙しくて申請が面倒だった」と容疑を認めている。ケージの扉はスライド式で鍵が付けられていたが、逃げ出した時は約二十センチ開いていた。
 書類送検容疑は、昨年九月二十六日、当時住んでいた横浜市戸塚区名瀬町のアパートで、市の許可を得ずに、特定動物のアミメニシキヘビの飼育施設を変更したとされる。

 <アミメニシキヘビの脱走騒動> 5月6日夜、横浜市戸塚区のアパート2階でアミメニシキヘビがいないのに飼い主が気づき、警察に通報。警察や消防、市などが大人数で捜索。ヘビは22日、屋根裏で見つかった。アミメニシキヘビは、動物愛護法で飼育に許可が必要な「特定動物」に指定されており、飼い主は市の許可を受けて飼育。逃げた時は許可を受けていた飼育施設と別のケージで飼育していた。ヘビは茨城県内の業者に譲渡された。


関連キーワード

おすすめ情報