本文へ移動

<通風筒> 名古屋場所「相撲のぼり」の制作がピーク

2021年6月11日 05時00分 (6月11日 05時01分更新)

大相撲名古屋場所に向け制作が進む色鮮やかな相撲のぼり=10日、岐阜市の吉田旗店で

 ◇…七月四日に開幕する大相撲名古屋場所(日本相撲協会、中日新聞社共催)を前に、岐阜市青柳町の吉田旗店で力士や部屋の名前が書かれた「相撲のぼり」の制作がピークを迎えている。
 ◇…縦五・四メートル、横〇・九メートルの布に職人が八色ほど使って一本を染め上げる。今月中旬までに約六十本を作る予定。「相撲文字」と呼ぶ迫力ある書体で書かれ、ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)や力士の宿舎に飾られる。
 ◇…六代目の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

写真の新着

記事一覧