本文へ移動

「新大西洋憲章」合意へ、米英首脳会談

2021年6月11日 05時00分 (6月11日 05時01分更新)
 【ロンドン=藤沢有哉】バイデン米大統領はG7サミットの開催前に十日、ジョンソン英首相と首脳会談を行い、民主主義擁護など世界的課題に共同で対処することを約束する「新大西洋憲章」で合意する見通しだ。戦後の世界秩序を構想した大西洋憲章になぞらえた新憲章により、米英の「特別な関係」を再確認する。
 大西洋憲章は一九四一年、当時のルーズベルト米大統領とチャーチル英首相が発表した共同宣言。戦後の世界秩序の構想などを示し、領土の不拡大や政体選択の自由などを掲げた。後の国際連合、北大西洋条約機構(NATO)創設につながったとされる。
 英首相官邸によると、新憲章では、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報