本文へ移動

【福井】ワクチン職場接種、実施基準撤廃要請 全国知事会議で杉本知事

2021年6月11日 05時00分 (6月11日 05時36分更新)
ウェブ会議で開かれた全国知事会議で発言する杉本知事=県庁で

ウェブ会議で開かれた全国知事会議で発言する杉本知事=県庁で

 杉本達治知事は十日、ウェブ会議方式で開かれた全国知事会議に県庁から出席した。政府が新型コロナウイルスワクチンの職場接種で、最低千人程度に接種することを実施基準としていることについて「大企業がほとんどなく中小企業が大半の地方では、実態に合っていない」と指摘し、基準の撤廃を求めた。
 政府は八日に職場接種の申請受け付けを始め、大都市圏に本社がある大企業や大学などが申し込んでいる。県内では関西電力が原発三カ所での接種を発表。県によると県内から六事業所が国に職場接種を申請した。ただ中小企業は人数などのハードルが高く、申請の動きが乏しい。
 杉本知事は県内で中小企業の職場接種が「現実的に困難な状況となっている」と指摘。千人以上という基準をやめ、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報