本文へ移動

【愛知】県の新たな大規模接種会場、西三河3カ所とドームに

2021年6月11日 05時00分 (6月11日 05時00分更新)
 県が独自に開設する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場について、愛知医科大メディカルセンター(岡崎市)など四カ所が新たに追加で設置されることが分かった。名古屋市などの尾張地域に加えて西三河地域にも大規模会場を設け、ワクチン接種の加速を図る。 (浅井俊典)
 新たに開設されるのは、愛知医科大メディカルセンター、プロ野球中日が本拠地とするバンテリンドームナゴヤ(名古屋市東区)、藤田医科大岡崎医療センター(岡崎市)、安城更生病院(安城市)の四カ所。県の大規模接種会場は既に開設済みの名古屋空港ターミナルビル(豊山町)と藤田医科大(豊明市)を含め、計六カ所となる。
 新たな四カ所はいずれも七月上旬からの接種開始を目指し、一日最大五百〜千人の接種を予定している。ワクチンは米モデルナ製を...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

愛知の新着

記事一覧