本文へ移動

「元気出るニュース」「来てくれてうれしい」 イオンモール岡崎に高島屋

2021年6月11日 05時00分 (6月11日 05時00分更新)
イオンモール岡崎に出店する食料品売り場の入り口付近のイメージ=ジェイアール東海高島屋提供

イオンモール岡崎に出店する食料品売り場の入り口付近のイメージ=ジェイアール東海高島屋提供

 岡崎市戸崎町の「イオンモール岡崎」に二〇二二年春、ジェイアール東海高島屋(名古屋市中村区)が運営する食料品売り場が出店することが発表されてから一夜明けた十日、市民からは歓迎や期待の声が上がっている。 (土屋あいり、鈴木渉太)
 昨年八月にイオンモール岡崎の核テナントだった西武岡崎店が閉店。高島屋は、西武が使っていた場所の一部となる東棟一階(約二千四百平方メートル)に出店する。店名は百貨店の「デパ地下」をイメージした「ジェイアール名古屋タカシマヤ フードメゾン 岡崎店(仮称)」。和洋菓子や総菜、生鮮食品などをそろえる。開店日などの詳細は今秋発表の予定だ。
 イオンモール岡崎では「新生・三河ランドマーク」をコンセプトに、昨年秋から大規模改装を実施中。仕上げの段階となる高島屋出店を、イオンモールは「百貨店ならではの食料品ブランドを集積した、ワンランク上の上質な食のご提案をいただく予定」としている。
 地元経済界や市民からの期待も大きい。中根康浩市長は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧