本文へ移動

【阪神】サンズが来日初の一塁守備 「何の違和感もなかったよ」 8回には中前適時打の貴重な追加点で攻守に活躍

2021年6月10日 21時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・サンズ

阪神・サンズ

◇10日 日本ハム―阪神戦(札幌ドーム)
 阪神のジェリー・サンズ外野手(33)が来日2年目で初めて一塁を守った。指名打者に入った3番のマルテに代わっての一塁起用だった。
 「日本に来てからは1軍の試合では初めてだけど、これまでもたくさん守ってきたポジションだし、何の違和感もなかったよ。しっかり守りでもチームに貢献することは常に心掛けているから良かったね」
 打っては、1点差に迫られた直後の8回に追加点をたたき出した。1死から二塁打を放った佐藤輝の代走・江越を二塁に置いて、2ボールから玉井の143キロのシュートを中前適時打した。
 「ピッチャーも粘ってくれていたし(佐藤)テルが出てくれたから何としてもかえそうという気持ちだったよ。良い仕事ができて良かったよ」
 札幌での日本ハム3連戦は12打数6安打の打率5割、6打点。チームの貯金が「17」と今季最多の更新に攻守で貢献してみせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ