本文へ移動

「完璧でした!」T―岡田が巨人・高橋から7号3ラン プロ通算200本塁打まであと7本【オリックス】

2021年6月10日 20時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏1死一、二塁、右越え3ランを放つオリックス・T-岡田=京セラドーム大阪で

5回裏1死一、二塁、右越え3ランを放つオリックス・T-岡田=京セラドーム大阪で

◇10日 オリックス―巨人戦(京セラドーム大阪)
 オリックスのT―岡田外野手(33)が、セ・リーグのハーラーダービーのトップを走る巨人の左腕、高橋から7号3ランを放った。3点リードで迎えた5回の1死一、二塁。1ボールからの2球目スライダーを右越えに運んだ。
 「(感触は)完璧でした! 変化球をうまく我慢できましたし、最高の結果になって良かったです!」
 履正社高(大阪)から高校生ドラフト1巡目でオリックス入り。プロ5年目の2010年に本塁打王(33本)を獲得している。この日の本塁打は出場11試合ぶりで、プロ通算193本目のアーチとなった。9日の巨人戦から今季初めて4番を任され、求められる豪打で貢献。区切りの200本まであと7本だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ