本文へ移動

【オリックス】先発・山崎福也が6イニング4安打無失点 勝利投手の権利残し降板 「無失点で抑えることができて良かった」

2021年6月10日 20時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人戦に先発したオリックス・山崎福

巨人戦に先発したオリックス・山崎福

◇10日 オリックス―巨人戦(京セラドーム大阪)
 先発したオリックスの左腕、山崎福也投手(28)は6イニングを投げて4安打、4奪三振の無失点に封じた。勝利投手の権利を得て、救援陣にあとを託した。
 「全体的にはストライク先行のピッチングができていましたし、自分のペースで投げることができていたと思います。ピンチの場面もありましたが、何とか無失点で抑えることができて良かったです」
 今季は開幕から先発ローテーションに入ったものの、自身3連敗スタート。5月2日のソフトバンク戦(京セラドーム大阪)で今季初勝利を挙げたが、その後は白星から遠ざかっていた。交流戦は3日の阪神戦(甲子園)に登板し、5イニングを投げて佐藤輝に本塁打を浴びるなど3失点で勝敗はつかなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ