本文へ移動

“岩井JDツインズ” がそろって上位発進 「一緒に上位争いしたい」史上初、双子のV争い&アマチュア優勝目指す【女子ゴルフ】

2021年6月10日 19時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩井千怜(左)と岩井明愛(右)

岩井千怜(左)と岩井明愛(右)

◇10日 女子ゴルフ・サントリーレディス第1日(神戸市・六甲国際GC)
 今月22日からの最終プロテストを受験する岩井明愛(あきえ、18)、千怜(ちさと、18)=ともに武蔵丘短大1年=の双子姉妹が、そろって上位発進。妹・千怜が5アンダー7位、姉・明愛が3アンダー13位につけた。ツアー史上初の双子によるV争い、アマチュア優勝を目指す。8アンダー64で回った比嘉真美子(27)=TOYO TIRE=が単独首位。
   ◇   ◇
 2002年7月5日生まれの二卵性双子姉妹、明愛と千怜。今春そろって埼玉栄高を卒業、武蔵丘短大に進学した女子大生ゴルファーだ。
 この日は妹の千怜が12番からの3連続を含む5バーディー、ノーボギーで67、姉の明愛も4バーディー、1ボギーの69といずれもV圏内の好発進を決めた。千怜いわく「明愛はいい意味での大ざっぱで、考え込まずさっぱりしてる。私はきちょうめんで細かいです。ゴルフ考えすぎちゃう」と、性格は対照的で、それがゴルフにも表れているそうだ。
 明愛は昨年の日本女子オープンでローアマタイトルを獲得し受験資格を獲得、千怜は1、2次予選を勝ち抜き、今月22~25日の最終プロテスト(茨城・静ヒルズGC)に挑む。双子での同時合格が実現すれば本山恵子・裕子(1991年)、池内絵梨藻・真梨藻(2010年)に次ぐ3例目の珍事となる。
 今週も同じ部屋に寝泊まりしてのトーナメント出場。「姉と同じ大会に出ると、ライバル心ではなく私も頑張りたい、一緒に上位争いしたい、と思う」とは千怜。明愛は「この試合はアマチュアとして最後になるかもしれない。アマチュアらしく挑んで、悔いのないように終わりたい。2人でトップ争いできるよう頑張りたい」と語る。残り3日間、上位での同組対決も期待できるかも!?

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ