本文へ移動

乳児の両親に和解金 県立病院の医療ミス訴訟

2021年6月10日 05時00分 (6月10日 17時07分更新)
謝罪する県立病院の橋爪院長(左)と前川事務局長=県庁で

謝罪する県立病院の橋爪院長(左)と前川事務局長=県庁で

 県立病院(福井市)で手術を受けた生後二カ月の乳児が重度障害を負ったのは術後管理の不手際などが原因だとして、両親らが県に損害賠償を求めた訴訟で、橋爪泰夫院長らが九日、県庁で会見し、「このような事態に至ったことを心からおわびする」と謝罪した。福井地裁が提示した和解案を双方が受け入れる意向で、県が和解金一億四千万円を支払う。医療過誤による同院の賠償額では記録が残る一九九二年以降、最高額となる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧