本文へ移動

<モモのピーチピチFISHING>金沢八景「一之瀬丸」で午前キス釣り

2021年6月10日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「キス釣りって最高〜!」美しい良型をゲットし大満足のモモちゃん

「キス釣りって最高〜!」美しい良型をゲットし大満足のモモちゃん

  • 「キス釣りって最高〜!」美しい良型をゲットし大満足のモモちゃん
 皆さま、初めましてダイワ スーパーフレッシュアングラー(SFA)の千葉百々絵(ちば・ももか)です。これから東京中日スポーツ船蝶会所属の船宿さんにお世話になりながら「モモのピーチピチFISHING」と題して、ちょくちょく紙面に登場させていただきます。いろいろな釣りの楽しさと魅力を伝えながら、私自身も成長していければうれしいです。 今回は金沢八景「一之瀬丸」さんから出船、午前シロギス釣りにチャレンジしてきました。

◆船下へ胴突き投入 3回トントン誘う

 正直シロギスは両手で数えられるくらいしか行ったことがなく、まだまだ初心者の域ですが、そんな私にも優しい釣りでした。当日のポイントは中ノ瀬。私は胴突き仕掛けで挑みました。片テンビン仕掛けを使う釣法もありますが、この場合はリーダーを付けてくださいね。ただ胴突きの方がシンプルで仕掛けのイメージがしやすいと思うので、初めての方にはオススメです。キス釣りの餌は東京湾では大抵アオイソメで針から5センチほどで切ります。
 釣り方は軽くキャスト、またはそのまま底に落とします。今回、キャストして広範囲に探りたかったのですがアカクラゲが多くて、少しでもアカクラゲをとる動作を軽減させるために真下に下ろすようにしました。
 底がとれたらトントンと三回誘って、糸をたるませて待ちます。そのときに魚が居れば竿先にコツコツとしたアタリがあるので聞きアワセします。ここでガツンとアワセてしまうと外れてしまうので要注意です。
 今回、私は19匹ゲット。全体的にサイズがよくて一番大きいもので22センチありました! サイズがとってもいいのでその分、引きも強くて本当に楽しかったです。アタリも明確で魚自体もトゲがないので、お子さんでも安心して魚と触れ合えるはずです。今回、キスだけではなく、かなりサイズのいいアジやイシモチが交じって、ゲストにも恵まれた取材になりました(笑)
 キス釣りは道具もシンプルで難しい動作もない半面、とっても奥深く繊細な釣りでもあります。ベテランからビギナーまで、幅広い人気を誇るのがうなずけます。食べてもおいしいので、ぜひチャレンジしてみてください。
<タックル> 図を参照。今回、使用したタックルはロッドがアナリスター キス S180、リールが今年発売になりましたルビアス エアリティ LT2500。とても軽いので疲れにくく、一日船や午前午後の通しで乗るときなど、すごくオススメです。
 ロッドもバットがしっかりしていて、竿先は繊細なのでキスのコツコツとしたアタリもわかりやすいです! ぜひ、お手にとってみてください。
<モモの夏コーディネート> 今回は夏寄りのスタイル。モモのお気に入りが今年発売のポケッタブルハット(DC−8121)。カラーの展開が4種類あって、いろいろなコーデができるしタウンユースもイケます!
 夏に近くなると気になるのが日焼け問題。そこでTシャツの下にアンダーウエアを着用することをオススメします。紫外線も防げて、接触冷感性があるのでこれからのシーズンにピッタリ。
 他にも新商品が出ているので気になる方はダイワのHPでチェックお願いします。

◆料理上手なモモママの手料理

 キスはどんな調理法でもおいしいですが、一番の王道は天ぷら。身がとってもフワフワで絶品!ちなみに私は天ぷらにお塩を付けていただくのが大好きです。他にもお刺し身や塩焼きなど、いろいろなアレンジができますよね。小さいサイズだと、南蛮漬けにピッタリかも。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ