本文へ移動

県内スタート地点 新居で聖火コース清掃

2021年6月10日 05時00分 (6月10日 05時02分更新)
聖火リレーコースのごみを拾う参加者ら=湖西市新居町で

聖火リレーコースのごみを拾う参加者ら=湖西市新居町で

 東京五輪聖火リレーの県内のスタート地点となる湖西市新居町で九日、新居関所跡から、みなと運動公園までのリレーコース約二キロを清掃した。
 湖西署が主催し、署や市、市消防本部、コース沿線の十五自治会から計七十五人が参加した。参加者は、コースを三エリアに分担して、それぞれのエリアでペットボトルや空き缶、たばこの吸い殻などを拾い、手に持ったごみ袋に入れていった。
 ごみ拾いに先立ち、コース途中にある新居文化公園で開かれた開会式で、高橋直人署長は「湖西は聖火リレーで県のスタート地点になるので、全国にきれいな湖西市を見てもらえるようにしたい。テロの標的になる可能性もあるので備えていきたい」とあいさつ。影山剛士市長は「市民が安全と感じ、きれいな湖西市を聖火ランナーに走ってもらいたい」と述べた。
 聖火リレーは二十三日午前八時二十四分に新居関所跡をスタートする。(桜井祐二)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧