本文へ移動

【中日】ビシエド連続試合安打「18」に伸ばす中前適時打

2021年6月9日 20時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビシエドが中前に適時打を放つ

ビシエドが中前に適時打を放つ

◇9日 楽天―中日(楽天生命パーク宮城)
 交流戦首位打者が止まらない。中日のダヤン・ビシエド内野手(32)が、第3打席で連続試合安打を「18」に伸ばす中前適時打を放った。
 試合前まで交流戦4割4分7厘と絶好調。3―2の5回1死三塁から、楽天の先発・則本の内角高めの148キロ直球を、詰まりながらも外野まで運んだ。
 粘りのピッチングを見せる先発・小笠原に貴重な追加点をプレゼントした主砲は一塁ベース上でほほ笑み「少し詰まったけどうまく押し込めたよ」と一打を振り返った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ