本文へ移動

【J1名古屋】三菱自動車水島FCに5-0大勝 天皇杯3回戦進出 藤井、長沢らゴール連発

2021年6月9日 20時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、チーム2点目となるゴールを決める名古屋・長沢

前半、チーム2点目となるゴールを決める名古屋・長沢

◇9日 サッカー天皇杯2回戦 名古屋5―0三菱自動車水島FC(岐阜・長良川競技場)
 名古屋グランパスは、岡山県代表で地域リーグの中国サッカーリーグに所属する三菱自動車水島FCに5―0と大勝し、3回戦進出を決めた。
 序盤から主導権を握ったグランパスは前半36分、MF長沢の長い距離のFKに今季公式戦初先発のDF藤井陽也(はるや、20)が頭で合わせた。ヘディングシュートではなかったが、相手GKが前に飛び出しており、ふわっと浮いたボールがそのままゴールに飛び込んだ。DF丸山がけが、中谷が代表活動で不在の中で抜てきされた地元出身の生え抜きセンターバックのプロ初得点で先制した。
 直後に長沢がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。同39分、これを自ら決めて2点目。後半も格下相手に勢いは衰えず、同44分にはMF石田もプロ初得点を決めるなど3点を加え、5―0で完封勝ちを収めた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ