本文へ移動

【中日】山下斐紹 古巣楽天に恩返しの移籍初安打 684日ぶり安打は則本昂から

2021年6月9日 19時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日山下が右前打を放つ

中日山下が右前打を放つ

◇9日 楽天―中日(楽天生命パーク宮城)
 中日の山下斐紹(あやつぐ)捕手(28)が第2打席で右前打。6月1日に支配下登録された背番号「39」が、今季5打席目で移籍後初安打をマークし、チャンスを広げた。
 「7番・指名打者」で移籍後初先発し、4回無死一塁で打席へ。1ボール1ストライクから、楽天・則本昂の低め138キロのフォークを振り抜き、一、二塁間を破った。
 2018~20年を過ごした、かつての本拠地で「H」ランプをともした。山下の安打は楽天時代の2019年7月26日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来684日ぶりだった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ