本文へ移動

大空襲鎮魂に若き後継者 豊川高生が供養塔清掃

2021年6月9日 16時00分 (6月9日 16時00分更新)
大空襲の供養塔を清掃する豊川高の生徒たち。左は生徒会長の鈴木湊音さん=7日、愛知県豊川市で(太田朗子撮影)

大空襲の供養塔を清掃する豊川高の生徒たち。左は生徒会長の鈴木湊音さん=7日、愛知県豊川市で(太田朗子撮影)

 「東洋一の兵器工場」と言われ、太平洋戦争の終戦間際の一九四五(昭和二十)年八月に米軍の大空襲を受け壊滅した豊川海軍工廠(こうしょう)(愛知県豊川市)。その犠牲者の名前が刻まれる供養塔で今年春、地元の豊川高校の生徒が清掃活動を始めた。生存者らの団体「八七会」が昨年、高齢化で活動を終えたためだ。生徒らは「犠牲者の多くは私たちと同世代。会の思いを受け継ぎたい」と話す。 (川合道子)
 供養塔は終戦翌年の四六年九月、同市の豊川稲荷(妙厳寺)の裏手に建立された。台座の周囲には、命を落とした二千五百人以上の動員学徒や女子挺身(ていしん)隊らの名が刻まれている。
 八七会は五十年以上にわたり、空襲があった四五年八月七日に合わせ毎月七日と、同二十日に供養塔を清掃し、若くして亡くなった仲間を供養してきた。だが、会を支えた会長が二〇一九年に九十歳で他界。残る会員も高齢化し活動を続けることが難しくなった。
 豊川高校三年の西川遥翔(はると)さん(17)が供養塔を訪れ、八七会の会員と偶然出会ったのは昨年八月七日のこと。当時、生徒会長を務め同校の前身である旧制豊川中学の犠牲者に花を手向けるため足を運んでいた。会員か...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報