本文へ移動

大谷翔平の珍しい“短パン”オフショット姿に反響 鍛え抜かれた右手にはシルバーのアルミケース「中身は何だ…」

2021年6月9日 13時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

 エンゼルスの公式ツイッターが8日(日本時間9日)、本拠地アナハイムで行われたロイヤルズ戦のため、球場入りする選手のオフショットを公開した。大谷翔平はラフなポロシャツ姿ながら手には小型のアルミケースを携えており、フォロワーらはその中身に興味津々だ。
 公式アカウントは主力のアップトンら4人の球場入りの模様を写真で投稿。大谷以外の3選手はリュック姿や手ぶらでカジュアルないでたちだ。
 あまり私服をお目にかかれない大谷はキャップを後ろ前にかぶり、グレーのポロシャツと短パンにショルダーバッグをさげたラフなスタイル。パンプアップされた肉体は隠しきれていないものの、右手にさげたシルバーのアルミケースも目を引いている。
 フォロワーはこのケースが気になるようで「ブリーフケースの中身は…」とつぶやく人が続出。中には金属製の腕が入ってる画像を添え「大谷選手のブリーフケースには何が入っているのでしょうか? 大谷が剛速球を投げる理由がわかりますね」と推測する人も。また大谷がベンチで食べているのが目撃された日本製の菓子「ポイフル」の画像と共に「翔平のアタッシェケースの中身」と予想している人も現れ、大喜利状態で盛り上がっていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ