本文へ移動

【MLB】大谷翔平が自己最長の143メートルの超特大弾!! 背番号と同じ17発でキング争いもゲレーロ、アクーニヤに1差

2021年6月9日 11時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇8日(日本時間9日) MLB エンゼルスーロイヤルズ(アナハイム)
 打った瞬間、それとわかる打球だった。エンゼルスの大谷翔平はロイヤルズ戦に「2番・指名打者」でスタメン。その1回だ。フルスイングしてとらえると、乾いた打球音とともに中堅方向に一直線。先制の17号2ランを放った。選手のパフォーマンスを映像で解析するスタットキャストによると、飛距離470フィート(約143メートル)は4年目で自己最長となった。
 もはや説明不要のおそるべきパワーを発揮。本塁打争いでトップのブレージェイズ・ゲレーロ、ブレーブスのアクーニャの18本に1本差と迫った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ