本文へ移動

<受験道> 近藤治さん 広がる総合型選抜

2021年6月9日 05時00分 (6月9日 09時59分更新)
 受験生の皆さん、3年生最初の模擬試験の結果も返ってきたころと思います。第1志望校は固まってきましたか? 今月は「最も早い入試」である総合型選抜についてです。元々は「AO(アドミッション・オフィス)入試」と呼ばれていたもので、アメリカから“輸入”された入試方式です。日本では1990年度入試で初めて実施されました。もう30年以上行われていますが、他の入試に比べると歴史も浅く、発展途上の選抜方法です。私立大の方が導入に積極的で、難関大や有名大でも数多く実施されています。国公立大も近年導入する大学が増えており、比例して受験者数も増加傾向にあります。以下、国公立大総合型選抜の特徴を見てみましょう。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

学ぶプラスの新着

記事一覧