本文へ移動

朝日浴びスイレン開花 越前市

2021年6月9日 05時00分 (6月9日 09時51分更新)
静かな早朝の苑内で、朝日を浴びて徐々に花を開くスイレン=8日、越前市の万葉の里味真野苑で(山田陽撮影)

静かな早朝の苑内で、朝日を浴びて徐々に花を開くスイレン=8日、越前市の万葉の里味真野苑で(山田陽撮影)


 越前市余川町の万葉の里味真野苑(えん)で、スイレンが見ごろを迎えている。二千五百株のスイレンが覆う広さ七百平方メートルの池を、鮮やかな白やピンクの花が彩っている。
 池は苑内の「恋のパワースポット」エリア西側にある。今年は五月中旬から開花し、毎朝日の出とともに開き始め、午前九時ごろまでには純白の花弁を大きく広げる。校外学習で訪れた福井市社中二年の小林蒼維(あおい)さんと今尾裟輔(さすけ)さんは「一つ一つの花も、池全体を眺めてもきれい」と初めて見るスイレンの美しさに心引かれていた。暑さが本格化するこれからは午前中の来園がお薦め。花のピークは七月上旬だが、八月末までは楽しめる。
  (中田誠司)

関連キーワード

PR情報