本文へ移動

韓国の工事現場に残る日本語

2021年6月9日 07時08分 (6月19日 09時42分更新)
 韓国・ソウル市の建設工事の現場

 韓国・ソウル市の建設工事の現場

  •  韓国・ソウル市の建設工事の現場
  •  市場で値段の交渉をするインド人
 「アシバをバラシしておけ」。ソウル市の工事現場から聞こえてくる声に思わず反応してしまった。韓国の建設業界では、植民地時代からの名残で日本語がよく使われている。「ダンドリ」「テナオシ」「オヤジ」。日本人だったら言葉が分からなくても韓国の建設現場で働けるのではないかと思う。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報